株式会社MXコンサルタント

補償コンサルタント・測量業はお任せください

お問い合わせ

業界資格一覧

資格一覧

-qualification-

資格名
[認定団体・管轄]
内容
測量士・測量士補
[国土地理院]
測量法に基づいて測量業者に配置が義務付けられており、
『基本測量及び公共測量に従事する測量技術者は、
「測量士」又は「測量士補」でなければらない』
『測量業者はその営業所につき1人以上の有資格者を
配置すること』等が規定されています。
補償コンサルタント業務での事業損失業務で
行われる4級水準測量観測もこの資格者が行わないといけません。
※受験資格は無く、試験は年1回行われており
測量士補は28問中18問以上正解で合格すると取得できます。
[令和2年の合格率は測量士補で35.7%となっております。]
補償業務管理士
[一般社団法人
補償コンサルタント協会]
補償コンサルタントの国土交通大臣登録するための
補償業務管理責任者に就任する為の要件の一つです。
業務によって「土地評価」「土地調査」「物件」「事業損失」
「営業補償・特殊補償」「機械工作物」「補償関連」
「総合補償」の8部門があります。
資格がなくても補償コンサルタント業務は行えますが、
信用度の点において取得するべき資格であります。
※受験資格は実務経験が4年以上必要、
年一回の研修と筆記試験と口述試験を合格すると取得できます。
[筆記試験の合格率は平成30年で「共通科目で34.8%」
「事業損失部門が69.3%」「物件部門が41.6%」等と
なっております。]
建築士
[国土交通省(一級)]
[都道府県(二級)]

建物の設計や工事監理や調査等を行う、
建築士法に定められた国家資格であり、
「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」
に分かれています。
※受験資格は一定の実務経験が必要となります、
[近年、受験資格が緩和されております。]
年一回の法規と製図の筆記試験を合格して、
実務経験をクリアすれば取得できます。
小型船舶操縦士
[国土交通省]
資格を取得するとモーターボートやヨット、
水上バイクなどを運転することができる免許で
「一級」「二級」「二級(湖川)特殊」に分かれています。
河川や海の深浅測量等で使用されます。
※受験資格は無く、年数回の試験を行っております。
既存住宅状況調査技術者
[一般社団法人
日本建築士事務所
協会連合会]
宅地建物取引業法の改正により、
中古住宅の売買の際に行われる重要事項説明に、
既存住宅状況調査を実施している場合に説明すること
が義務づけられました。
この調査を行うことができるのは、
「既存住宅状況調査技術者」の
資格を持つ者のみとなっています。
危険物取扱者 乙種第4類
[一般財団法人
消防試験研究センター]
消防法に基づく危険物を取り扱ったり、
その取扱いに立ち会うために必要となる日本の国家資格です。
取り扱えるものの違いで甲乙丙種の他に
乙種は第1~6類まで分けられています。
※受験資格はなく、年齢制限もありませんのでどなたでも受験できます。
[合格率は40%程度と発表されています。]