株式会社MXコンサルタント

補償コンサルタント・測量業はお任せください

お問い合わせ

お知らせ一覧

- NEWS -

HOMEお知らせ一覧
  • 2021/7/20お知らせ「第十回キャリアアップ講習」(測量士補試験対策)を開催しました。[講習資料画像あり]

    7月20日に第九回キャリアアップ講習(測量士補)を開催しました。
    今回は座標法を使用した面積計算でした。
    平面における多角形の頂点座標によって面積を求める方法です。
    この問題は式を覚えていれば四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)
    で解けるようになっております。
    この計算式の意味を覚えてもよいのですが、あえて覚える必要がありませんので
    今回は公式に値を入れ込んで機械的に計算を行って
    面積を求めることを優先します。
     以下例題です。
    A点 (-5.380 -24.220)
    B点 (+34.620 -24.220)
    C点 (+28.620 +1.780)
    D点 (+0.620 +31.780)
    E点 (-5.380 +21.780)
    以上の点で結ばれた面積を求めるには
    (Ax*(By-Ey)+Bx*(Cy-Ay)+Cx*(Dy-By)+Dx*(Ey-Cy)+Ex*(Ay-Dy))/2
    となる。一度に計算するのは大変ですので
    Ax*(By-Ey)=(-5.38)*((-24.22)-21.78)=247.48
    Bx*(Cy-Ay)=34.62*(1.78-(-24.22))=900.12
    Cx*(Dy-By)=28.62*(31.78-(-24.22))=1602.72
    Dx*(Ey-Cy)=0.62*(21.78-1.78)=12.4
    Ex*(Ay-Dy)=(-5.38)*((-24.22)-31.78))=301.28
    を先に計算して全てを合計したのちに2で割る
    ((247.48+900.12+1602.72+12.4+301.28)/2=3064/2=1532
     よって面積は1532となる。
    座標位置により計算した値が「マイナス値」になる場合がありますが
    その場合は「絶対値」(マイナスを取る)になります。

    「第十回キャリアアップ講習」(測量士補試験対策)を開催しました。[講習資料画像あり]
  • 2021/7/12お知らせ「事業内容」の動画ページを更新しました。[動画埋込あり]

    事業内容がわかる補償コンサルタント協会の動画の埋め込みを行っております。

  • 2021/7/5お知らせ「第九回キャリアアップ講習」(測量士補試験対策)を開催しました。[講習資料画像あり]

    7月5日に第九回キャリアアップ講習(測量士補)を開催しました。


    試験日が9月12日と2か月ちょっとになりましたので、講習を多めにしております。今回は「杭打ち調整法」です。
    気泡管軸」と「視準軸」が同じでない場合に計算を行って調整する方法です。測定が前後で等間隔な場合は誤差が打ち消されるので、それを基準として計算を行うと思ってください。(前後で相殺された場合、Aから測定した標尺Ⅰと標尺Ⅱの高さの差は正しい)


    ・万が一内容が分からない場合は、計算方法を覚えることで回答できます。
    BⅡ+((BⅠ-BⅡ)-(AⅠ-AⅡ)/2Z×(2Z+Y))


    考え方として
    ①Aから測定したAⅠとAⅡは距離が前後で等しいので誤差が相殺されているので基準にする。(2点間を結ぶ線は水平である)
    ②B
    から測定したBⅠとAから測定したAⅠを重ね合わせて、Bから測定したBⅡとAから測定したAⅡの差を求め、Bの測定誤差を計算する。
    [(BⅠ-BⅡ)-(AⅠ-AⅡ)]
    ③この誤差は標尺Ⅰと標尺Ⅱまでの距離(2Z)の誤差なので1m当たりの誤差を求める

    [((BⅠ-BⅡ)-(AⅠ-AⅡ))÷2Z]
    ④Bから標尺Ⅰまでの距離(Y)の誤差を含める計算を行う。
    [(BⅠ-BⅡ)-(AⅠ-AⅡ))÷2Z×(2Z+Y)]
    ⑤Bから標尺Ⅱの読定値に誤差の分を修正を行う。
    [BⅡ+(BⅠ-BⅡ)-(AⅠ-AⅡ))÷2Z×(2Z+Y)]


    AⅠ:Aから標尺Ⅰを測定した読定値(計算例に使用する値1.5906)
    AⅡ:Aから標尺Ⅱを測定した読定値(計算例に使用する値1.5543)
    BⅠ:Bから標尺Ⅰを測定した読定値(計算例に使用する値1.4079)
    BⅡ:Bから標尺Ⅱを測定した読定値(計算例に使用する値1.3616)
    Z:Aから標尺Ⅰもしくわ標尺Ⅱまでの距離(計算例に使用する値15)
    Y:Bから標尺Ⅰまでの距離(計算例に使用する値3)


    1.3616+(((1.4079-1.3616)-(1.5906-1.5543))/(15*2)*(15*2+3))=1.3726


    となる。


    よって、Bからみた標尺Ⅱの数値を1.3616から1.3726に調整すれば誤差がなくなる。

    「第九回キャリアアップ講習」(測量士補試験対策)を開催しました。[講習資料画像あり]
  • 2021/6/23お知らせ「第八回キャリアアップ講習」(測量士補試験対策)を開催しました。[講習資料画像あり]

    6月23日に第八回キャリアアップ講習(測量士補)を開催しました。


    前年度の試験問題を復習しました。その中で抜粋してラジアンとプリズム定数の勉強を行っております。


    ・ラジアンの問題は計算問題であり「1ラジアンは半径と弧の長さが等しくなるような扇形の角度」というのを理解してもらいました。「2×半径×円周率=円周(360°)」より「1ラジアン=360°÷2÷円周率」となる。ただし、円周率を何桁まで使用するかで値が増減しますので注意が必要です。
    「円周率が3.14の場合は、1ラジアン=180/3.14≒57.32484」※計算は半円(180度)で行っています。
    「円周率が3.141の場合は、1ラジアン=180/3.141≒57.30659」
    「円周率が3.1415の場合は、1ラジアン=180/3.141≒57.29747」となります。
    ※円周率は四捨五入で表記される場合があるので「3.142」もあるのを注意をします。


    通常「57.297°~57.324」あたりです。また、問題によっては度分で回答を求めてきますので、整数未満は60を掛けます。
    問題が0.81ラジアンの場合は「57.29747*0.81≒46.41095」小数点以下を分に直すと「1度=60分」により「0.41095*60≒24.65701」となり、0.81ラジアンは「おおよそ46度24分」となります。


    ・反射鏡(プリズム)定数は据えた点と反射鏡の測距される点とズレがある。このズレを反射鏡定数という。反射鏡定数は測定距離に影響されない。数式はいたって簡単で測点がA~Cまでだと「AC+K=AB+K+BC+K」、測点がA~Dまでだと「AD+K=AB+K+BC+K+CD+K」(ちなみに4点あっても3点で計算も可能)になりKを求めればよい。

    「第八回キャリアアップ講習」(測量士補試験対策)を開催しました。[講習資料画像あり]
  • 2021/6/3お知らせ「令和3年度第1回成果品精度向上研修会」に参加いたしました。

    令和3年6月3日13時半よりサンポートホール高松で行われた「令和3年度第1回成果品精度向上研修会」に当社から5名が参加いたしました。主催者の配慮により密を避ける為に、席を1つ開けて皆さん座ってました。


    補償業務を行う上で必要な知識を得ることができました。四国地方整備局の小林様、谷岡様お疲れさまでした。


    変更点で「各樹種の測定例の図が増えて」わかりやすくなっています。「竹林移転料単価が周囲の長さに影響しななくなった」のは業務を進める上で時間が短縮できるようになりました。また、書類の中で「印鑑を押さなくてよくなった」書類がいくつかあり、業務を行う上で非常に助かります。


    印鑑を押さないでよくなったのは河野大臣のおかげでしょうか。大臣ありがとうございます!できれば「『主任担当者通知書』と『主任担当者経歴書』」を一緒にして1枚にするとかもお願いしたいところです。


    研修会はCPD対象プログラムで、当社にいる3名の補償業務管理士の更新時のポイント対象になっております。

    「令和3年度第1回成果品精度向上研修会」に参加いたしました。
  • 2021/4/9お知らせ「補償業務管理士専門科目研修実施の案内」が公告されました。

    補償コンサルタント協会のホームページで「補償業務管理士専門科目研修実施の案内」が公告されました。


    今期から研修は「物件部門」のみネットによる「ライブ配信」になります。


    いままでは、地方の人には東京までの交通費や宿泊費の負担が大変でしたので非常に助かります。


    補償コンサルタント協会様、ありがとうございます。


    できれば、受験申請の実績の方もテクリスと連動させていただけると助かるんですが。

  • 2021/3/26お知らせ「補償業務管理士 事業損失部門」に社員1名が登録されました。

    「補償業務管理士 事業損失部門」に社員1名が登録されました。


    当社の事業損失部門の資格者が計2名になりました!


    当社では、高い技術の習得を目指し、資格取得に前向きな方を応援しております。

    「補償業務管理士 事業損失部門」に社員1名が登録されました。
  • 2021/3/5お知らせ「健康経営優良法人2021」に認定されました。

    令和3年3月4日に当社が「健康経営優良法人」に認定されました。


     

    「健康経営優良法人2021」に認定されました。
  • 2021/2/27お知らせ「補償業務管理士 事業損失部門」の試験に当社の社員1名が合格しました。

    当社の社員が1名が2月25日付けで「補償業務管理士 事業損失部門」の資格に合格しました。


    (今回は合格発表ですので、資格証が届きましたら会社案内の資格者を更新いたします。)


    後日、社長より社内全員に「お祝ん」(おいワイン)が配られました。


    社長!ありがとうございます!


     

    「補償業務管理士 事業損失部門」の試験に当社の社員1名が合格しました。
  • 2020/11/28お知らせ「第六回キャリアアップ講習」(測量士補試験対策)を開催しました。[講習資料画像あり]



    • 11月28日に第六回キャリアアップ講習(測量士補)を開催しました


      ※講習内容は「地図編集」などでした。以下勉強内容の一部抜粋です。


      ・投影法は記憶問題です。略称でも問題にでますので略称も覚えましょう。


      ・転位問題はよく出題されます。この問題は優先順位を覚えるのが大事です。




    「第六回キャリアアップ講習」(測量士補試験対策)を開催しました。[講習資料画像あり]