株式会社MXコンサルタント

補償コンサルタント・測量業はお任せください

お問い合わせ

お知らせ一覧

- NEWS -

HOMEお知らせ一覧
  • 2021/10/25お知らせ「補償業務管理士試験」の対策ページ作成予定につきまして

    10月24日に補償業務管理士の筆記試験がありました。
    本年度は難しかったようです。
    今後、補償業務管理士試験対策も新しく更新をする予定です。
    補償業務管理士は共通科目と専門科目の計8つの試験があります。
    そのうち、最初に合格する必要がある「共通科目」
    「土地調査部門」「事業損失部門」「物件部門」を更新して
    いきたいと考えております。

  • 2021/10/7お知らせ「測量士補試験対策Vol9」をアップしました。(測量士補の試験につきまして)

    令和3年の試験が終わって受験者の方はホッとしていると思います。
    やはり今回の試験は少々難しく、例年より合格率が低いのではないかと思いました。
    合格率も11月8日に発表されると思いますので、その発表を待ちたいと思います。


    発表を見るまでもなく自己採点で不合格が自覚できる方や、
    新たに受験される方は令和4年の測量士補の試験に向けて勉強をコツコツと始めて下さい。
    試験は大きく「文章問題」と「計算問題」の二つに分かれます。
    「文章問題」は記憶のみですので、毎日過去問を最低1問解けば余裕でクリアできます。


    試験が落ちているのに先輩に教えを請わないというのは
    短い時間で取得できるところを数倍~数十倍の時間を無駄にしている状況です。


    試験勉強は独学で行うのと、資格取得者している先輩に教えてもらうとでは
    習得の時間が全く違います。
    教えられることで時間を無駄にしないようにすれば、
    無理なく仕事や私生活を圧迫せずに勉強が進みますので、
    「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」という気持ちで教わりましょう。
    また、時間を割いて教えてくれるのですから
    教えてくれる先輩には感謝して聞くのがいいと思います。


    「計算問題」は最初に「三角関数」を理解することが大切で、
    問題の多くはこの「三角関数」の応用問題になっております。
    学校で習っているとは思いますが、
    忘れた方は、やはり資格を既に取得している会社の先輩に教えてもらうのが良いと思います。


    よく使う「三角関数」を簡単に説明しますと
    「三角関数」とは直角三角形の「1辺の長さと直角以外の1つの角度」がわかれば
    「全ての辺の長さと全ての角度」がわかるということです。
    測量の世界では重力により直角三角形を作り出し、距離や高さを測定しています。
    ちなみに
    三角形の「2つの辺の長さ」がわかれば「全ての長さ」が分かるのは「ピタゴラスの定理」です。
    係長 山本

  • 2021/9/28お知らせ「測量士補試験対策Vol8」をアップしました。(令和3年試験 No27)

    11月8日の今年の試験発表まで「キャリアアップ講習」はお休みです。


    令和3年度試験No27の問題の解き方です。[座標法]
    (他にも解き方はあるとは思いますので一例として参考にしてください)


    1.まずは各点の座標を求めます。
    それぞれの点からY軸に向かって垂直に線を引いて直角三角形を作ります。
    三角関数でその直角三角形より長さがわかっていない他の2辺の長さを求めます。
    長さがわかれば各点の座標がわかります。


    2.座標法により面積を求めます。
    よって108.0008651㎡になり、回答は「108.000㎡」となります。

    「測量士補試験対策Vol8」をアップしました。(令和3年試験 No27)
  • 2021/9/24お知らせ「測量士補試験対策Vol7」をアップしました。(令和3年試験 No26)

    令和3年度試験No26の問題の解き方です。[単曲線]

    1.点BCから点ECが曲率半径R=1000mなので仮点Xを作り線を引く

    2.Xの角度が単曲線要素により36度であることがわかる。

    3.辺BC~ECを求める
    「半径×2×円周率÷360度×36度」より「1000×2×3.14÷360×36=628」

    4.距離を合計する。
    「[辺BP~BC]+[辺BC~EC]+[辺EC~EP]」より「215+628+500=1343」

    よってBP~BC~EC~EPの長さは「1343m」となる。

    「測量士補試験対策Vol7」をアップしました。(令和3年試験 No26)
  • 2021/9/21お知らせ「測量士補試験対策Vol6」をアップしました。(令和3年試験 No13)

    令和3年度試験No13の問題の解き方です。[重量平均による最確値]


    1.観測結果より観測標高を求める
    既知点より観測で得られた観測高低差よりPの標高を計算する。
    観測方向でプラスかマイナスかが変わりますが、
    標高Pを求めるので、3つの値は近似値になるので間違うことはないと思います。

    2.観測距離より重量を求める
    それぞれの距離を分子にして、分子を1にしたあとに三つの値の最小公倍数を掛けます。

    3.観測標高より最確値を求める
    3つの観測標高を重量別に計算して合わせると最確値になる。

    なので、5.219429mとなる。

    「測量士補試験対策Vol6」をアップしました。(令和3年試験 No13)
  • 2021/9/18お知らせ「株式会社MXコンサルタントのツイッター」も見に来てください。

    「株式会社MXコンサルタントのツイッター」では、


    釣り好きでポケモンプレイヤーの社長がGETした獲物の画像を上げています。


    興味がありましたら見に来てください。

  • 2021/9/17お知らせ「測量士補試験対策Vol5」をアップしました。(令和3年試験 No3)

    令和3年度試験No3の問題の解き方です。[三角関数]


    1.点Aより点Cまで線を引く


    2.三角形ABCが二等辺三角形なので三角関数を使用して辺ACの長さを計算する。
    【Cos45°=20÷X ⇒ 0.70711=20÷X ⇒ X=20÷0.70711=28.28414】


    3.点Dより辺ABの延長に垂直に線を引く


    4.三角関数を使用して辺AEを計算する。
    【Cos75°=Y÷10 ⇒ 0.25882=Y÷10 ⇒ Y=0.25882×10=2.5882】


    5.三角関数を使用して辺DEを計算する。
    【Sin75°=Z÷10 ⇒ 0.96593=Z÷10 ⇒ Y=0.96593×10=9.6593】


    6.台形BCDEの面積を計算する。
    【(上辺+下辺)×高さ÷2 ⇒ (DE+BC)×(AB+DE)÷2 ⇒ (9.6593+20)×(20+2.5882)÷2=334.9751】


    7.三角形ADEの面積を計算する。
    【底辺×高さ÷2 ⇒ AE×ED÷2 ⇒ 2.5882×9.6593÷2=12.5001】


    8.台形BCDEの面積より三角形ADEの面積を差し引く。
    【台形BCDE面積-三角形ADE面積 ⇒ 334.9751-12.5001=322.4749】


    なので辺AC=28.28414m、面積ABCD=322.4749㎡となる。

    「測量士補試験対策Vol5」をアップしました。(令和3年試験 No3)
  • 2021/9/16お知らせ「派遣元責任者講習」を受講しました。

    9月16日に高松での「派遣元責任者講習」を当社社員2名が受講しました。

    「派遣元責任者講習」を受講しました。
  • 2021/9/14お知らせ「測量士補試験対策Vol4」をアップしました。測量士補の試験おつかれさまです。

    測量士補の試験が先日終わりました。受験された方、お疲れさまでした。
    ネット上でも今回の試験は例年より難しかったとのことです。
    合格発表は11月8日です。
    合格した人はめでたい話です、力及ばず今年不合格になる人もいることでしょう。
    めげずに来年に向けて頑張って勉強してください。


    出題された問題のなかからいくつかを抜粋しておきます。


    問題No10「標尺台の沈下による誤差を小さくするには、【後視・前視・前視・後視】の順で観測する。」


    問題No4「【ジオイド高とは】、地球の形状と大きさに近似した回転楕円体の表面から、【平均海面を陸地に延長したと仮定した面までの高さ】である。」


    問題No1 「【基本測量及び公共測量以外の測量とは、基本測量及び公共測量を除くすべての測量をいう。】


    問題No14「【現地測量は、4級基準点、簡易水準点又はこれと同等以上の精度を有する基準点】に基づいて実施するものとする。」


     


     

  • 2021/9/9お知らせ試験前「測量士補試験対策Vol3」をアップしました。

    測量士補の試験は独学でもいいので3ヶ月勉強すれば合格する難易度です。
    (独学で合格した私自身がそう思っています。要は勉強するかしないかだけです。ただし
    教えてくれる人がいれば2倍、3倍~5倍ぐらいは早く身につきます。実際に試験で取得した人にお願いして
    教えてもらいましょう。by山本係長)
    試験が2日後になりました、受験する方々頑張ってください。


     引き続き文章の記憶問題で覚えたほうがいい項目です。


    「1・2級水準測量では、観測期間中おおむね10日ごとに観測に使用する機器の点検調整を行う。】
    1本の等高線は,原則として,図面の内又は外で,必ず閉合する。
    車載写真レーザー測量では、・・・トータルステーションなどを用いた現地測量に比べて、広範囲を短時間でデータ取得できる。
    TSを用いた観測では、視準する目標物との視通が必要である。【TSは視通が必要】
    RTK-GPS測量では、人工衛星からの電波を利用するため視通の確保は必要としない。GPS測量は視通が必要でない
    等高線が閉合する等高線の内部に必ずしも山頂があるとは限らない。おう地(窪んだ土地)の場合がある。

    RTK法による地形測量における観測は、放射法により1セット行い、観測に使用するGPS衛星は5衛星以上使用する。RTK法は5衛星以上使用
    GLONASS衛星を用いて観測する場合は、使用衛星数は6衛星以上とし、GPS及びGLONASS衛星を、それぞれ2衛星以上用いる必要がある。GLONASS衛星を用いて観測は6衛星以上でGPS及びGLONASS衛星を、それぞれ2衛星以上
    UTM図法に基づく座標系の縮尺係数は、中央経【線上において 0.9996、】中央【経線から約180㎞離れたところで 1.0000である。】
    GISにおいて、ネットワーク解析による最短経路検索には、一般にラスタデータより【ベクタデータの方が適している。】
    「公共測量における路線測量の標準的な作業工程は、【作業計画 → 線形決定 → IPの設置 → 中心線測量 → 用地幅杭設置測量】である。」
    ジオイドは,重力の方向に直交】であり,地球を回転楕円体で近似した表面に対して凹凸がある。」
    【ジオイド高=平均海面高】※海面高が陸地内にはいるとジオイド高と覚える」
    測量計画機関は,公共測量を実施しようとするときは,当該公共測量に関し作業規程を定め,あらかじめ,国土交通大臣の承認を得なければならない。※この承認だけが国土交通大臣